うさぎ用品、新商品今月のおすすめうさぎ用品うさぎ用品病気別にセレクトうさぎ 牧草ラビットフード,うさぎフードうさぎ おやつうさぎ 水うさぎ サプリ
うさぎケア用品うさぎ 保温 保冷うさぎトイレうさぎ ケージ サークルうさぎ ハウス おもちゃうさぎ キャリー おでかけうさぎ 飼育書 うさぎと暮らす うさぎの時間うさぎ 雑貨 ピーターラビット ぷらすらびっと
現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • オススメ
商品コード:
01-02-012

恵メンテナンス1kg/カルシウム0.3~0.5%【税別1800円】

pet's価格(税込):
1,944
ポイント: 18 Pt
メーカー:
ハイペット
メーカーURL:
http://www.hipet.co.jp/detail/index/63
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
おしっこトラブルのあるうさぎさん以外には
グルテンフリーの「うさぎのきわみ」への
切り替えがおすすめです!
胃腸へのやさしさはそのままに
恵メンテナンスに負けないおいしさに
生まれ変わりました!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・大人のうさぎさん向き
・ダイエット効果があります
・高齢期や牧草嫌いな子の繊維サポートにもおすすめ

大人の太っているうさぎさん&泌尿器トラブルのあるうさぎさんにお勧めできるフードです。
カルシウムが非常に低い設計の為、泌尿器トラブル(結石、尿砂、膀胱炎)などがない場合
お野菜や成長期用フードをプラスして、調整することをおすすめします。

【コンセプト】
主原料のチモシーが、チモシーミールと呼ばれるパウダー状になったものではなく、新鮮なプレミアムチモシーを自社にて粗挽きしたフードです。
うさぎの食性観察から生まれた新形状ロングペレット。

前歯の使用を促し、豊富な牧草繊維を奥歯で咀嚼し、歯の伸びすぎや不正咬合をケアします。

長く粗い牧草繊維が胃腸の動きを活発にして良い便を促し、体内に入った被毛の自然な排出を促します。

つややかな毛並み・抵抗力のためにアミノ酸強化。
6か月以上の大人のうさぎさんのための総合栄養食。

【内容量】
1kg

【原材料】
牧草(チモシー)、小麦粉、きな粉、脱脂大豆粉、アミノ酸(リジン、メチオニン)、天然抽出ビタミンE、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB群等ビタミンミックス、食塩、グルコン酸亜鉛、硫酸鉄等ミネラルミックス、オリゴ糖、乳酸菌EC-12(殺菌処理)

【成分】
粗たん白質  13~15%
粗脂肪      2~3%
粗繊維     22~26%
粗灰分      4~6%
水分      10%以下
カルシウム 0.3~0.5%
約240Kcal/100g
数量:

pet's-clubからのアドバイス①どんなうさぎさんにおすすめ?

■6か月以上の大人と太っているうさぎさん&泌尿器トラブルのあるうさぎさん向き
他社フードとの違いは、主原料の牧草がミールと呼ばれるパウダー状に加工されたものではなく、自社で粗くカットした牧草がそのまま配合されています。ラビットフードの中に、食べやすく刻んだ牧草が入っていると考えて下さい。フードを食べながら、たっぷり繊維を補うことが出来ます。

体を作るためには、たんぱく質が必要です。成長期には特に、繊維は牧草から、栄養はラビットフードからという基本に立ち返って、良質なたんぱく質をはじめとした栄養素を補うのに適したフードです。
恵メンテナンスは低カロリーヘルシーフードです。しっかりと大人に成長してからブレンドしながら体型を良く観察して割合を考えてあげてください。

■恵メンテナンスだけで大丈夫?
中肉中背のうさぎさんは恵メンテナンスだけだとやせてくる可能性があります。また、低カルシウム設計の為、カルシウムの不足にならないよう成長期用のフードや野菜もプラスαしながら配合を調整することをおすすめします。また、リスク配分の視点だけでなく(フードのリニューアルやロットによる風味の違い、災害時の入手)ブレンドすることをおすすめします。

■低カロリーフードを食べているすべてのうさぎさんへ。
背中はごつごつしていませんか?
毛はパサついていませんか?
もし、上記のようなサインがあった時は、栄養が不足している可能性があります。現在あげているフードに成長期用のフードをプラスアルファーすることで体質が改善されることもあります。
良質なたんぱく源のプラスアルファーとしてもおすすめです。

pet's-clubからのアドバイス②カルシウムの低いフード

歯が伸び続けるうさぎにとって、本来カルシウムは決して敵ではなく必要な栄養です。

結石や膀胱炎、尿砂がたくさん出るという症状が現れていないとき、予防の為にカルシウムの低いフードを与えることは危険を伴うという説もあります。

どんな危険かと言うと・・・

血液のカルシウム血中濃度が低くなると、体がカルシウムを欲して骨からカルシウムが溶け出ると言う説があります。
実際、カルシウムを制限しるぎる子のほうが、大人~高齢期に骨がもろく泌尿器トラブルも多いと言われています。

おしっこの様子を良く観察して、定期的なレントゲンなど動物病院での健康管理をしながら、無理なカルシウム制限をしすぎないように上手に見守って下さい。

pet's-clubからのアドバイス②与え方

ラビットフードは1日2回に分けて、うさぎさんの体質にあった量を決めてあげてください。健康でくいしんぼなうさぎさんは、5分くらいで食べきってしまうことも多々ありますが、かわいそうと思って食べたいだけ追加するのは健康の為に良くありません。ラビットフードは量を守りましょう。足りない分は、牧草やナチュラルファイバー(ペレット状になった牧草)をたっぷりとあげましょう。

pet's-clubからのアドバイス③ブレンドしている理由

各メーカーさんが次々良いフードを開発して下さり、同じ名前のフードでも「新しく」変化していく事が多々あります。
メインフードをひとつにすると、改良された時や原料の季節ごとの味の変化で食べなくなってしまう事があるため、2~3種の良質なフードをブレンドすることで、味の変化に慣れ、食欲が増してくれます。
換毛期や体調不良の時も、選べる事によって「少しでも食べる」気持ちが生まれるようになります。このようにリスク対策としてpet's-clubではブレンドフードを与えています。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。